FC2ブログ

カバン職人・会社員・3児のおとんの奮闘記

遊雲天舎 -yutensya- の橋川が日常の奮闘を気ままに更新するブログ

彼女には対抗心とか嫉妬心なんてかけらもない。ただただ、尊敬する。



改めて彼女のことを尊敬している。




大瀧 冬佳のダンスカンパニーUzme旗揚げ公演「Mao」を観劇してきました。



ずっと作品に引き込まれていた。

ついつい親心が出がちの評論頭なのでるかなと思ったのですが、

ただただ作品に引き込まれ楽しめた。



ピーンと張り詰めた空気、

ピアノ、チェロ、ドラムの生音、

ダンサーの指先までの動き、表情ひとつ、

すべてを見逃さないように、聞き逃さないようにしていた舞台やった。




パートナーとしてこのダンスカンパニーを立ち上げるところから見てきて

彼女の行動していく力、熱量の渦に巻き込む力、放り出される力、

問題なんて山のようにあるし、なんかやらかすんかちゃうかっていう心配もあるけど、

やってみてしか、いいか悪いか経験として積み重ねられない。それが彼女の生き方。

不器用だ。でも、やからこそ言葉が行動が響くし、人を引き付けるんやろう。



ただただ、尊敬よね。

やっぱり対抗心とか嫉妬心なんてかけらもない。

もう次元が違うんよ。やから応援する。尊敬する。




Facebookに流れてくる「Mao」の感想を読む度にうれしくなった。

たくさんの人に足を運んでいただき、自然と感想がたくさん上がる。

そして、それなら観てみたいと思い足を運んでいただく。

そんな渦が大きくなっていくのが分かった。

実際、チケット事務局をやっていたので直前までお客様で増えていくのを見てすごいことが起こってるなと思った。



本当にいい舞台でした。


大瀧冬佳の好きに踊りたい場所が欲しいといった想いから始まったダンスカンパニーUzme。

演者の皆様、裏方の皆様、お客様、これまでかかわってきてくださった皆様

大瀧冬佳のパートナーとして私からも厚く御礼申し上げます。

本当にありがとうございました。

これからも大瀧冬佳・ダンスカンパニーUzmeをどうぞよろしくお願い申し上げます。



おしまい。



スポンサーサイト

Newest

Comment

Leave a comment